夕方から家事を頑張った話

10月21日、朝から起きて洗濯物をしようと思ったのだが、眠くて起きられず、起きたら15時を過ぎていた。今日は掃除も片付けも料理もしようと思っていたのに・・・と少し落ち込んだ。しかし、今からでもやるしかないなと思い、家が崩壊しかけていたので片付けから手を付けた。片付けが終わると、ルンバのスイッチを入れ、洗濯を始めた。この時間から洗濯をしても乾かないことは明らかだが、明日も晴れるようなので夜通し干しておけば良いかと思い、洗濯した。本当はあまり良くないようなのだが、洗濯物が溜まっているので致し方ない。洗濯機を回している間に、買い物に行った。この日はカレーを作ろうと思っていたので、その材料を買いに行った。最近気づいたのだが、家の周辺は結構物価が高い。特に野菜が高くて困っていた。色々見て回るうちに、野菜はスーパーで買うより個人商店で買う方が安いことに気がついた。今日は目を付けていた個人商店で野菜を買おうと意気込んでいたのだが、今日が日曜日だったため、休みだった。これにはかなりガッカリした。しかし、落ち込んでいても仕方がないので、1番安いと思われるスーパーに買い物に行った。夕方だったのでスーパーはかなり混んでいた。結構並んでなんとか買い物を済ませ、速攻で家に帰った。家に帰るとすぐに洗濯物を干した。残念ながらもう日は落ちてしまっていた笑。干し終わると、今度は料理に取り掛かった。料理の途中で油を切らしていたことに気づき、仕方ないので家から一番近いスーパーに買いに行った。本当に行き当たりばったりだな笑。なんとか料理が完成し、家を見渡すとまだ結構散らかっている。要らなそうな物がそこかしこに散らばっていた。また片付けを始めた。片付けは始めるとなかなか終わらない。やっている最中にお腹が空いてきたので、切り上げて一回ご飯を食べることにした。ご飯を食べた後、残ったカレーを冷凍し、ご飯を冷蔵した。この日は夫は仕事で東京に行っていたので、帰りが遅かったからだ。洗い物を終わらせ、また片付けに取り掛かった。ついでに洗面台とトイレとお風呂の掃除もした。ここまできてやっとやろうと思っていたことが大体終わった。その後、お風呂に入りブログを書いた。

ADHDは時間が拘束されなければ、色々なことが出来るなあと思う。毎日決まった時間に起きたり出かけたりすることは出来ないため、時間が決まっている仕事は出来ないが、時間が決まっておらず、何時までにやっておけばよいという仕事だったらやることができる。また、何時に行っても構わない職場だったら、ストレスなく仕事をすることが出来るだろう。ADHDには過集中というものがあるので、一度やる気が起きれば一気に終わらせることも可能だ。そんな仕事はあまりないが、真剣に探せば見つけることもできる。ADHDの人にとって、環境はとても大事だなと思う。ADHDの人は基本的には、普通の環境に合わせようとして、それが出来なくて病んでしまったり、2次障害が出てしまうことが多いと思う。ADHDの人にとって、普通の環境に適応するのはかなり難しいことなのだと思う。私も何度も挫折したし、もうほとんど無理なことが分かった。適応しようとして、かなり病んでしまい、死にたくなったことも数え切れないほどある。しかし、そういう環境に身を置かなくても生活していけるようにさえなってしまえば、こちらの勝ちだ。まあそうなるのも簡単なことではないとは思うのだが。実際にそうやって生きている人も居るには居て、楽しそうに生活しているなあと憧れている。私もそんな風に生きたいと思っている。まだまだ生き方を模索する日々は続く・・・