また両親と通院した話

8月24日、また通院だ。私は現在2つの病院に通っている。1つは小学6年生の時から通っている精神科、もう1つはADHD専門の診療内科だ。19日に行ったのは精神科の方で、今日行ったのはADHD専門の診療内科の方だ。私がADHDという診断を受けたのは去年の3月だった。大学に通えなくなり、大学のカウンセリングセンターで相談をしていた所、ADHDではないかという話になり、カウンセラーの知り合いの先生に診てもらうことになった。去年は大学に通えないどころか無気力でほとんど何も出来ない状態だったので大分良くなってきたと思う。今年の1月頃から急に活動できる時間が増えてきて、それでADHDの当事者会に行く気になり、そこで出会った方がかけで夫と出会うことが出来た。最初はADHDの診断に首を傾げていた両親も私の回復ぶりを見て今では先生を信頼しきっている。夫とは両方の親に黙って入籍し、なんの因果かこの病院で入籍したことも何も知らない私の両親と夫が鉢合わせしてしまい、人生最大の修羅場になった。この話は長くなるのでまた別の機会に書こうと思う。結果としてその時に上手く話がまとまったのも両親が先生を信頼して言うことを聞いているからであったので先生には本当に感謝しかない。ただ先生もADHDであり、治療を放り出される可能性もなきにしもあらずなのでずっと通っている精神科の方にも通っている笑。

私は小学4年生の時から不登校で、それを見かねた両親が私を精神科に通わせたことから私の通院人生は始まる。最初の先生には症状が酷すぎて匙をを投げられてしまい、その次に行った精神科で強迫性神経障害との診断がついた。この病院が今も通っている精神科の病院だ。1番症状が酷かった時は小学6年、中学1.2年の当たりだと思う。もう思い出したくもないし家族も相当大変だったと思う。治療を進めていてだんだん良くなってはいくものの無気力や不登校が治らず、この先の人生どうしようかと悩んでいた時にADHDだと判明した。ADHD専門の先生曰く、私は生まれた時からADHDで社会に適応出来なかったため二次障害として強迫が出てきたということだ。どちらかは定かではないがどんどん症状は良くなっているので良いとしよう。

10時からの診療で今日も両親と待ち合わせて一緒に行った。母親には色々生活のことを聞かれて面倒なのであまり会いたくないのだが先生が両親と一緒に来いというのだから仕方ない。両親とも敵対したいわけでもないし。診療は順調に終わった。その後お昼ご飯を食べに行った。父親は特に何も聞いてこないし元気そうだから良いという感じなのだが母親は色々不満があるらしく色々問いただされる。実家を出て行ったのがまだ気にくわないらしい。母親は母親で私を一生懸命に育ててくれたから仕方がないのだが、実家のどこが嫌だったのか聞かれると反応に困る。本当は「あなたのそうやってなんでも問いただしてくるところとか時々ヒステリーを起こすところとか何かにつけて私をdisってくるところが嫌だったの」と言いたいのだか母親が余計に傷つくだけなので言えない。父親はその辺も分かってくれているようで助け舟を出してきてくれる。こんなことを書くといかにも母親が悪い人のように感じるのだが、実は私は母親にはとても感謝している。こんな育てづらい私を一生懸命に育ててくれて本当に感謝しかない。今まで生きてこれたのも両親のおかげだ。ただ一緒に住むには結構辛かったかなという感じだ。人間が共同生活をするのはなかなか難しい。例えそれが家族であったとしても。

通院が終わって家の近くに帰りその足でアルバイトの面接に行った。なんだかよく分からない面接だったが多分受かったと思う。これで落ちていたらどうしよう笑。28日に電話してくるとのことなので結果はその日に書くことにする。その後は夫と合流して映画を観に行った。映画を見るのは1年半ぶりくらいだ。映画は自分ではあまり行く気にはならないので家族か友達に誘われた時にしか行かない。でも夫はよく映画を見るみたいなのでこれから見る機会が増えると思う。終わって恒例のまよいがへ。まよいがは作業が出来るので居心地が良い。今日はよく動いたなあという感じだ。疲れたので明日はゆっくり休むことにする。

ps 私のブログを読んでくださっている方で「まよいが」とはなんぞやと思っている方!
「まよいが」は神奈川県JR平塚駅から徒歩5分のところにあるコアワークングスペース&イベントバーです。8月18日にOpenしたばかりの場所です。夜17時〜22時にイベントをやってくださる方を募集しています!とても居心地が良く、楽しいイベントも開催しておりますので皆様ぜひお越しください!こちらホームページになります→https://peraichi.com/landing_pages/view/mayoiga
私も週3日くらい私もお店におります。よろしくお願いします。